エバマンの原点となる短編集です

 

 
 (続きませんでした)